logo

Drive.ai、自動運転車が見ている景色とデータ処理の仕組みを披露

Kyle Hyatt (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年07月31日 11時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Drive.aiは自動運転車の開発を手がける企業で、現在テキサス州で公道テストを行っている。そのDrive.aiがMediumの投稿で、自動運転車がどのようにデータを処理し、可視化しているのか、また、生データを処理するスピードをどのように高めているのかを詳しく説明した。

 興味深いのは、Drive.aiが投じている作業量の多さだ。同社は現在、自動運転車を公道で1時間走行させるために、800人時の作業量を投じてデータを処理し、Drive.aiのシステムが理解できるような形にデータを変換しているという。このプロセスはアノテーションと呼ばれ、走行中の状況を車に理解させるために欠かせない。同社はこのプロセスに深層学習による自動化を利用することで、人間の作業を効率化し、精度を100%にまで高めたいと考えている。

 もう1つの注目すべきDrive.aiの取り組みは、自動運転車が生成するすべてのデータを可視化していることだ。同社は、車に乗る人たちのために、このような可視化を他社に先駆けて行っている。まるでビデオゲームの画面を見ているかのように、自動運転車が認識している景色をそのまま見られるようにすれば、多くの乗客の不安を和らげることができるだろう。

乗客向けに可視化された自動運転車のデータ
提供:Drive.ai

 さらに、走行終了後は、分析のために独自の方法でデータを可視化している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]