logo

マイクロソフト、「Skype 8.0」デスクトップ版リリース--「Skype 7.0」は9月終了へ

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年07月17日 10時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間7月16日、「Skype」の「クラシック」バージョン、すなわち「Skype 7.0」のサポートを9月1日をもって終了すると発表した

 Microsoftは同日、アップデートされた「Windows」デスクトップ版「Skype 8.0」のロールアウトを開始した。Skype 7.0は同製品によって置き換えられることになる。同社によると、9月1日以降はSkype 8.0のみが動作することになるという。

 「Windows 10」上のSkype 8.0は「Universal Windows Platform」(UWP)アプリである一方、「Windows 7」や「Windows 8」上のSkype 8.0はSkypeの最新バージョンとなっている。

 Skype 8.0には、Skype 7.0の多くの機能が搭載されている。Skype 8.0では、無料のHDビデオ通話や画面共有通話、写真/ビデオ/その他のファイル(一度に最大300Mバイトまで)の共有、@メンション機能、Skypeの会話内で共有されたファイルやリンク、写真への簡単なアクセス機能が提供されている。

 Microsoftは今後、Skype関連のより多くの機能をプラットフォームをまたがって提供していく計画だ。Skype 8.0は、「iPad」向けにも提供が開始されている。同社のブログによると、通話の記録(参加者に対する自動通知を含む)やグループリンクなどとともに、メッセージを読んだ人を確認できるSkypeチャット向けの既読確認の機能も計画されている。

 Microsoftは同社のサイトで、全プラットフォームのシステム要件を公開している。

Skype
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]