logo

「iOS」版「Gboard」、モールス符号入力に対応

Gordon Gottsegen (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年07月13日 10時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、米国時間7月11日から「iOS」版「Gboard」にモールス符号入力機能を搭載すると発表した。「Android」版Gboardでは、すでにモールス符号入力が利用できる。Googleによると、11日のアップデートでAndroid版も改良されているという。

 Gboard向けのモールス符号入力は、ニーズに合わせてキーボードをカスタマイズできる設定も含む。また、Googleの標準のAIテキスト予測や入力候補の表示(オートコンプリートとオートコレクト)、「Google Assistant」とも連携する。Googleは、モールス符号をもっと簡単に学習できるゲームもリリースした

 今回の発表は、アクセシビリティの向上を目指すものだ。モールス符号入力は2つのキー(ドット「.」とダッシュ「-」)しか使用しないため、身体が不自由な人にとって使いやすい意思伝達手段となる。

 Googleは、開発者でモールス符号支援技術の専門家であるTania Finlayson氏の話を公開した。同氏は生まれた時から脳性麻痺で、頭を動かして操作し、モールス符号で会話できる機械を利用している。Gboardでモールス符号入力ができれば、同氏のような人々は、ドットとダッシュだけの入力でスマートフォンを利用できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]