logo

ヤマハ、リモートワークを支援するバッテリ搭載の小型スピーカーフォン「YVC-200」

佐藤和也 (編集部)2018年07月11日 16時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは7月10日、ウェブ会議や電話会議などの遠隔コミュニケーションのための、会話の品質に着目したポータブルスピーカーフォン「YVC-200」を、9月に発売すると発表した。ホワイトとブラックの2色が用意され、価格は3万円(税別)。

「YVC-200」ホワイト
「YVC-200」ホワイト

 この製品はマイク、スピーカに加え音声信号処理を内蔵し、遠隔会議が利用可能なPCやスマートフォン、タブレットに接続するだけで対話ができるポータブルスピーカーフォン。専用ドライバーのインストールが不要なUSBと、NFC機能搭載Bluetoothの2つの接続方法に対応し、最大10時間の連続通話が可能なリチウムイオンバッテリも搭載。小型軽量でもあるためオフィス内だけではなく、場所を選ばずに利用ができる。

「YVC-200」ブラック
「YVC-200」ブラック

 同社では中~大規模会議まで対応する「YVC-1000」、6名程度の小規模会議向けの「YVC-300」が現行モデルとして発売中。YVC-200は、個人から数名程度を想定したモデルとなっている。

 ストレスなくスムーズな双方向会話を実現する「適応型エコーキャンセラー」や、人の声とノイズを自動判別する「Human Voice Activity Detection(HVAD)」といった、独自の音声信号処理技術を活用した機能も搭載。サイズは幅140mm×高さ43mm×奥行140mmで、重さは280gとなっている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]