logo

初音ミク誕生から10周年、ヤマハがボーカロイドキーボード「VKB-100」発表

山川晶之 (編集部) 飯塚 直2017年08月31日 20時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは8月31日、キーボードで歌を演奏するという新しいスタイルのデジタル楽器、ボーカロイドキーボード「VKB-100」を12月より発売すると発表した。

 VKB-100は、歌詞とメロディを入力するだけで、コンピュータ上で人工の歌声を作り出せる歌声合成技術と、それを応用した「VOCALOID」によって実現した、リアルタイムに歌詞を歌わせて演奏が楽しめるキーボード。


「VBK-100」

 また、実際の人間の声から収録した「歌声ライブラリ」と呼ばれるデータベースを切り替えることで、さまざまなシンガーの声で演奏できる。プリセット音声ライブラリとして、「VY1」が搭載されているが、スマートフォン向け専用アプリとBluetooth接続することで、「初音ミク」をはじめとした最大4人のシンガー(「初音ミク」「Megpoid」「IA」「結月ゆかり」)を追加できる。なお、最初の1人については無償で追加・使用可能だ。


 また、あらかじめ5種類のボーカロイド曲の歌詞がプリセットされており、ユーザーが専用アプリから歌詞を事前入力することで、シンガーにオリジナル曲・既存曲を問わず、さまざまな楽曲を歌わせることが可能。

 同社では、PCや音楽制作の専門知識なしに、鍵盤やボタン操作で自由にメロディや歌い方を変化させられるため、誰でもボーカロイド曲が楽しめる、新しいVOCALOIDの楽しみ方を提案する楽器だとしている。

 なお、2017年8月31日は、クリプトン・フューチャー・メディアが初音ミクを発売してから10周年を迎える。SNSをはじめインターネット上では、初音ミク10歳の誕生日を祝う投稿で溢れている。日本の音楽シーンを変えた“少女"が、新たに楽器の姿を纏うことで、歌の可能性をさらに広げてくれるだろう。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]