logo

ヤマハとスペイシー、音楽教室を時間貸し--防音室のシェアリングサービストライアル

加納恵 (編集部)2018年03月30日 11時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハとスペイシーは3月29日、「音楽教室・防音室のシェアリングサービス」の共同トライアルを開始したと発表した。音楽教室の空き時間を、一般向けに時間単位で貸し出す。実施期間は6月30日まで。

防音室タイプの音楽室(イメージ)
防音室タイプの音楽室(イメージ)

 音楽教室・防音室のシェアリングサービスは、ヤマハミュージックリテイリングが運営する音楽教室の空き時間を1時間単位で有料(500円~)で貸し出すというもの。東京、大阪、名古屋の24会場、約140部屋を対象にしている。アコースティックピアノ、電子ピアノ、エレキギター、ウクレレ、チェロ、ドラムなどの演奏が楽しめる部屋のほか、合唱など大人数でのアンサンブルに適した部屋もそろえる。

 あわせて商業ビルなどの空きスペースにヤマハ防音室「アビテックス」を設置し、演奏が楽しめるスペースとして貸し出す「防音室のシェアリングサービス」のトライアルもスタート。5月1日に、東京都港区にある新橋駅前ビル1号館6F スペイシータイムシェアオフィス内に第1号を設置する。

 いずれのスペースについても、トライアル中に対象を順次拡大する予定で、各部屋の予約、決済はスペイシーが運営するウェブサイト「スペイシーミュージック」にて受け付ける。

 今回の共同トライアルは2017年7~12月にかけて実施したベンチャー企業などと協力して新しい事業や価値の創出を図る「ヤマハアクセラレーター」を通じて実現したものだとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]