logo

LINE、「Travel.jp」運営会社と資本業務提携--「LINEトラベル」を強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは7月11日、ベンチャーリパブリックと旅行事業分野で資本・業務提携契約を締結したと発表した。株式譲渡契約締結日は7月11日、株式取得予定日は8月1日を予定。

キャプション

 今回の資本業務提携により、同社はベンチャーリパブリックに対し34%の出資を実施する。また、同社より取締役3名と監査役1名を派遣。これによりベンチャーリパブリックの取締役は計6名、監査役は計2名となる。なお、ベンチャーリパブリックの代表取締役社長は柴田啓氏、代表取締役副社長は柴田健一氏が引き続き務めるという。

 ベンチャーリパブリックは、国内および海外旅行の情報を専門に扱い、月間訪問数1500万の総合旅行情報メディア「トラベルジェイピー」を運営。大手旅行会社を含む約250社が販売する110万件以上の格安航空券、国内外パッケージツアーをまとめて検索・比較することができるほか、国内約3万軒および、海外約130万軒のホテル・宿についても横断検索が可能。また、旅の専門家が教える「トラベルジェイピー 旅行ガイド」では、現地のさまざまな観光・地域・文化・アクティビティに詳しい専門家が、旅先の魅力を発信している。

 LINEでは、国内・海外の旅行を比較して検索・予約できる「LINEトラベル」を6月28日より開始している。今回の資本・業務提携により、同社が持つユーザー基盤とトラベルジェイピーの培ってきたノウハウを生かし、タビマエ(旅行喚起および、旅行の計画・予約フェーズ)、タビナカ(アクティビティやグルメなど旅行中のフェーズ)、タビアト(旅行後の思い出やオススメのシェアなど旅行後フェーズ)のすべてにおいて、一気通貫してユーザーそれぞれに最適な提案ができるサービスを目指すという。

 例えば、旅行先で急に雨が降り、予定していたプランを変更しないといけなくなった場合でも、「LINE」のリアルタイム性を生かし、雨の日でも楽しめるオススメのアクティビティやグルメ情報が「LINEトラベル」から届くようになり、より充実した旅行体験が楽しめるようになるとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]