logo

アップル、自動運転車チームの元メンバーを企業秘密窃盗で刑事告訴

Kyle Hyatt (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年07月11日 10時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが、企業秘密を盗んだとして自社の自動運転車チームの元メンバーを刑事告訴した。MacRumorsが報じた。

 Appleの訴えを受けて、元従業員のXiaolang Zhang被告は、中国への逃亡を図ろうとしていたところを逮捕され、Appleの知的財産の窃取に関して米連邦捜査局(FBI)の事情聴取を受けた。同氏はこの罪を認めている。同氏は最高10年の懲役と25万ドルの罰金を科される可能性がある。

 Zhang氏は2015年からAppleで働き始め、同社の自動運転車プロジェクトで、センサデータを分析する回路基板の設計とテストを担当した。2018年4月、息子が生まれた頃に休暇を取得し、中国を訪れた。その後、職場に戻り、Appleを退職してXMotorsという中国の自動運転車のスタートアップに転職すると上司に告げた。上司が(おそらくはXiaolang氏の振るまいに)疑念を持ち、AppleのNew Product Security Teamに連絡したところから、不正行為の有無に関する調査が始まった。

 Zhang氏はAppleから書類を窃取しただけでなく(そして、その一部を「AirDrop」でのスマートフォンから妻のノートブックに転送した)、土曜日の夜に出社して、回路基板とLinuxサーバを含むハードウェアを盗み出していた。

USA v. Xiaolang Zhang by MacRumors on Scribd

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]