logo

YouTube、「Android」版にシークレットモード搭載--履歴を残さず閲覧可能に

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2018年07月11日 10時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
提供:Screenshot by CNET
提供:Screenshot by CNET

 「YouTube」の「Android」OS向けアプリが、最新のアップデートでシークレットモードを搭載した。これによりユーザーは、アプリでの再生と検索の履歴を保存することなく動画を閲覧できる。

 この機能を有効にするには、プロフィール画像のアイコンをタップしてアカウントメニューを表示し、「シークレットモードをオンにする」のオプションをタップする。

 次に表示されるメッセージには、次のように書かれている。「シークレットモードを終了すると(またはセッションが無効になると)、このセッションでのアクティビティは消去され、最後に使用していたアカウントに戻ります」「勤務先、学校関係者、インターネットサービスプロバイダには引き続きアクティビティが表示される可能性があります」

 9to5Googleによると、このモードをオンにすると右上のプロフィールアイコンが「Google Chrome」のシークレットモードと同じアイコン(帽子とサングラス)に置き換わる。インターフェース下部にも「シークレットモード使用中」と書かれた黒いバーが表示されることで、現在のアクティビティが記録されていないことが通知される。

 「iOS」版アプリへのシークレットモードの追加について、YouTubeにコメントを求めたが、すぐには回答を得られなかった。

 YouTubeは今年5月、シークレットモードのテストを開始していた。

提供:Android Police
提供:Android Police

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]