logo

サムスン、インドに世界最大のスマートフォン工場を開設

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年07月10日 12時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスン電子はインドの現地時間7月9日、ニューデリー近郊のノイダに世界最大のスマートフォン工場を開設すると発表した。ロイターによると、サムスンは現地の低い製造コストを活用しつつ、急速に成長しているインドの携帯電話市場でプレゼンスを高めることを目指している。

提供:Jung Yeon-je / AFP/Getty Images
提供:Jung Yeon-je / AFP/Getty Images

 ノイダにおけるスマートフォン生産力は、現在のところ年間6800万台だが、サムスンによると、これが2020年にはおよそ2倍の1億2000万台になるという。

 この工場は、サムスンがインドで勢力を拡大するため、低価格機の増産に寄与することが期待されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]