logo

米、Facebookめぐるデータ流出問題の調査を拡大--FBIやSECも加わる

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年07月04日 08時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookとコンサルティング企業Cambridge Analyticaをめぐるデータ不正流用疑惑に関する米司法省の調査に、複数の連邦当局が加わったと、The Washington Postが米国時間7月2日に報じた

FacebookのCEO、Mark Zuckerberg氏
FacebookのCEO、Mark Zuckerberg氏
提供:James Martin/CNET

 同紙によると、米証券取引委員会(SEC)、米連邦取引委員会(FTC)、米連邦捜査局(FBI)がこの調査に加わったという。Facebookは3月、米大統領選でTrump陣営に関与していたデジタルコンサルティング企業Cambridge Analyticaが最大8700万人分のFacebookユーザーの個人情報を不正に利用していたと公表した。司法省はこれを受けて調査を開始していた。

 調査拡大に伴い、疑惑発覚後のFacebookによる情報開示にも調査の重点が置かれると、The Washington Postは報じている。Facebookの最高経営責任者(CEO)であるMark Zuckerberg氏は4月、この問題をめぐって2つの米議会公聴会で証言した。議会での同氏の発言も、今回の調査拡大に伴って精査されるという。

 Facebookは調査を受けていることを認めたが、調査拡大の報道についてはコメントしなかった。

 「米国や英国をはじめとする複数の当局と協力している」「これまでに公的な場で証言し、質問に答え、調査が続く限り今後も協力すると約束した」とFacebookの広報担当者は述べた。

 SECとFTCにもコメントを求めたが直ちに回答は得られなかった。FBIはコメントを避けた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]