logo

映画館だからできるVRの楽しみ方--VAIOや東映ら、7月より新宿バルト9でVR映画配信

坂本純子 (編集部)2018年06月26日 16時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VAIO、東映、クラフターは6月26日、3社が共同で手がけるVR映画事業「VRCC(VR Cinema Consortium)」の先行体験上映を、新宿バルト9にて7月2日より開始すると発表した。映画館施設を用いた多人数同時鑑賞が可能なVR映画興行は日本初という。

VR映画をSTU48の石田みなみさん。今村美月さん、田中皓子さん、土路生優里さん、薮下楓さんらが体験した
VR映画をSTU48の石田みなみさん。今村美月さん、田中皓子さん、土路生優里さん、薮下楓さんらが体験した

 映画コンテンツは、(1)2015年に「日本アニメ(ーター)見本市」で公開された「evangelion:Another Impact(Confidential)」をVRで表現した「evangelion:Another Impact(VR)」(4分55秒)と、(2)CeBITで発表し、日本では初公開となるVRアニメ「夏をやりなおす」(5分44秒)、(3)人気アニメ初のVR版「おそ松さんVR」(6分24秒)──の3本立て。ガイダンス映像も含み、約30分の上映時間となる。料金は1500円だ。大人も学生も一律料金となる。13歳以下は鑑賞できない。

evangelion:Another Impact(VR)
evangelion:Another Impact(VR)
夏をやりなおす
夏をやりなおす
おそ松さんVR
おそ松さんVR

 VR映画の配信は約1カ月に渡りテスト上映し、1日2回程度を予定。「集まり具合に応じて2回を3回に増やすなど、通常の興業スタイルにする」(東映 取締役企画調整部長の松村秀信氏)という。

東映の強みはグループの持つ豊富なコンテンツ
東映の強みはグループの持つ豊富なコンテンツ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]