logo

P2P決済サービスの「Venmo」がデビットカードを発行へ--米国ユーザーが対象

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2018年06月26日 10時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 絵文字も使えるPayPal傘下のP2P決済サービス「Venmo」は米国時間6月25日、米国の利用者向けに新たにデビットカードを提供すると発表した。

 米国で「Mastercard」を受け付ける店舗であれば、デビットカードを使ってVenmoアカウントから支払いができるようになる。Venmoは2017年にデビットカードのベータプログラムを開始しており、このほど限定リリースという形でカードを提供することになった。

提供:Venmo
Venmoのデビットカードは6つのカラーバリエーションで展開される。
提供:Venmo

 PayPalは目下、人気の若年層向けVenmoアプリの対応範囲を拡大し、より多くのオンライン店舗で同サービスが支払いに用いられるよう取り組んでいる。デビットカードの発行はさらなるVenmoの利用を促すだろう。こうした戦略は、大手銀行が支援する決済サービス「Zelle」のほか、「Apple Pay Cash」や「Square Cash」といった競合の台頭を食い止めるのに役立つかもしれない。なおSquareもカードを提供しているが、こちらはデビットカードではなくプリペイドカードだ。

 新カードを使ってVenmoの残高を超える支払いを行った場合、Venmoは登録された銀行口座から不足分を補充して購入を完了する。カードの使用は支払い履歴に表示されるため、Venmoを介して友人と費用を割り勘したり、ソーシャルフィード上で購入情報を共有したりすることもできる。またカードを紛失した場合は、Venmoアプリから利用停止の手続きを行うことも可能だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]