logo

「iPhone」、完全なワイヤレス化目指す動き?--「AirPower」は9月にリリースか

Gordon Gottsegen (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年06月22日 09時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iPhone」のイヤホンジャックは「iPhone 7」で廃止された。「Lightning」ポートもなくなる可能性があるのだろうか。

 Appleは、「iPhone X」でLightningを含むポートなどの廃止を検討していた可能性があるようだ。Bloombergが「同社の取り組みに詳しい匿名情報筋ら」の話として報じている。AppleがLightningポートをなくしてUSB-Cを採用する意向だとの憶測はこれまでにもあったが、Appleの最終的な狙いは、すべてのポートを完全に取り払うことなのかもしれない。

 Bloombergの記事は、Appleのワイヤレス充電器「AirPower」の問題に関するものだ。AirPowerについては、9月より前、または9月のリリースを計画していると報じている。さらに、将来のワイヤレスに対するAppleのビジョンについても少し詳しく記している。

Appleの取り組みに詳しい情報筋らによると、同社の設計者らは、充電器を含むiPhoneの外部ポートとボタンのほとんどをいずれは取り除きたいと考えている。iPhone Xを開発していたとき、Appleは、有線の充電システムを完全に取り払うことを検討した。当時は、ワイヤレス充電が従来の充電方法と比べてまだ遅かったので、実現できなかった。新型iPhoneにワイヤレス充電器を同梱するのも、端末価格の大幅な上昇につながる。

 Appleは、iPhoneのすべてのボタンとポートを取り払い、完全なワイヤレス化を目指す方向で取り組みを進めている可能性がある。しかし、そのためにはいくつかの問題を解決する必要がある。iPhoneでは、充電、ファイル転送、オーディオなどさまざまな形でLightningケーブルを使用する。ワイヤレスによる代替手段も存在するが、ケーブルを使うよりも高速で簡単ではない場合もある。

iPhone
提供:Josh Miller/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]