logo

Instagram、動画用のアプリ「IGTV」を発表--縦型表示で最長60分の動画に対応

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年06月21日 08時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Instagramは米国時間6月20日、クリエイターが制作した動画を視聴できるスタンドアロンのモバイルアプリ「IGTV」を発表した。同アプリ上の動画は、縦型で全画面表示され、アプリを起動すると自動的にコンテンツの再生が始まる。

提供:Instagram
提供:Instagram

 Instagramでは、多くのクリエイターがYouTubeでやっているように、スマートフォンよりもワンランク上の機材を使って制作した、洗練された動画をInstagramにも投稿してもらいたいと考えている。

 Instagramの最高経営責任者(CEO)を務めるKevin Systrom氏はサンフランシスコで開催されたイベントで「動画を進化させるときが来た」と述べた。Systrom氏はさらに、Instagramの月間アクティブユーザー数が10億人に達したことも明かした。

 IGTVはスタンドアロンのアプリだが、サービスにはメインのInstagramアプリからもアクセスできる。Instagramチームによってキュレーションされる。

 通常のInstagramアプリに投稿できる動画の長さは60秒だが、IGTVではそれよりも長い動画を投稿できる。最長10分とされているが、一部のアカウントは最長1時間の動画が投稿可能になるという。

 現在のところ、IGTVに広告は表示されない。つまり、クリエイターとInstagramの間で広告収入が分配されることはない。しかし、Instagramではマネタイズの方法を将来提供することも考えている。「クリエイターが収益を得る手段があってしかるべきだ」と、Systrom氏はイベント終了後の記者会見で述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]