logo
スマートフォンネイティブが見ている世界

なぜ、Instagramには「#JK」が圧倒的に多いのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Instagramにちょっとした異変が起きている。ジャストシステムの「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査」の2017年12月時点の利用率を見ると、Instagramの利用率は、15〜19歳女子が60.0%で最多。それに、20〜24歳女子(52.0%)、25〜29歳女子(48.0%)が続いている。

 少し前まではInstagramは20代女子が中心の場だったが、今は10代女子が増えているのだ。低年齢化するInstagramの利用実態や問題点についてお伝えしていきたい。

低年齢化が目立つInstagramユーザー

 10代ユーザーの特徴は、ハッシュタグに学校種や学年を利用することが多い点だ。

 ただし、日本語のハッシュタグは保護者が使うことが多い。たとえば「#小学生」は54万8000件投稿されているが、保護者によるものであり、小学校での日常や子どもの写真、お弁当写真などを投稿していることが多い。同様に、「#中学生」「#高校生」も大半は保護者による投稿だ。保護者たちは弁当を撮影して投稿する場、あるいは子どもの日常を報告する場などとして使っているようだ。

 略語のハッシュタグになると、状況は一変する。女子小学生を意味する「#js」は121万件投稿されているが、海外からのものやモデルオーディションのための投稿、ECショップの投稿などが多く、純粋な小学生の投稿はそれほどない。小学生ユーザーはさすがにあまりいないようだ。

 一方、女子中学生を意味する「#jc」になると、91万8000件投稿されており、自らの投稿が一気に増えてくる。自撮り写真が多く、画像が加工されているものも多い。「#jc1」が中1、「#jc2」が中2、「#jc3」または「#ljc」(l=last)が中3を意味している。なお、「#中1」「#中2」「#中3」は保護者による投稿が多くなる。

キャプション

 投稿内容は、友だち同士で撮るプリクラ写真がとても多い。そのほか、体育祭の集合写真もあれば、本日のコーディネート写真、メイク動画まである。海外の写真も混ざっているが、中学生当人からの投稿が目立つ状態だ。

多い女子高生たちの自撮り

 一番多いのは女子高生による投稿だ。「#jk」はなんと707万件も投稿されている。海外からの投稿も混ざっているが、女子高生たちが数名で撮影した自撮り写真が圧倒的に多くなっている。プリクラ写真のほか、SNOWなどでスタンプ加工した写真も目立つ。

 「jc」の場合と同様、「#jk1」「#jk2」「#jk3」はそれぞれ高1、高2、高3を意味している。「#fjk」「#sjk」「#ljk」という呼び方もされており、それぞれ「f=first」「s=second」「l=last」からきている。

 なお、女子大生を意味する「#jd」は97万6000件投稿されているが、海外の投稿が多くなる。つまり、女子高生からの投稿が突出して多い状態と言えるのだ。

 LINE LIVEでも学校種別のカテゴリは多いが、こちらではJCが9万5000件でトップ。続いてJKが7万3000件となっていることは興味深い。なお、JSは4万4000件、JDは1万件となっている。男子高校生は3万6000件だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]