logo

ピアノの前面に液晶画面--2018年から始まったCES Asia Innovation Awardsの注目製品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 年々少しずつ規模が拡大しているCES Asia。2018年からは本家CESと同様に、革新的な製品を表彰するCES Asia Innovation Awardsも始まった。CES Innovation Awardsを受賞した製品や、CES Asiaで見かけたスタートアップ製品を中心に、興味深かった製品を紹介したい。

ピアノの前面が液晶ディスプレイになったFind Piano

キャプション

 ピアノの前面に2枚の液晶ディスプレイがはめ込まれており、楽譜が確認できるほか、ビートマニアのゲーム画面のようにどのタイミングで、どの鍵盤を叩けばいいのかが表示される。また自動演奏で鍵盤の動きを楽譜と連動して確認することが可能。

水中を自由自在に動くためのドローンMix White Shark

キャプション

 両手に持って、水中を移動するための補助となるドローン。マーメイドに扮したコンパニオンもいて来場者の注目を集めていた。

キャプション

お通じが良くなる?Asian Squat

キャプション

 初見では何かわからなかったのがこちらの製品。トイレで使うヘルスケアIoT製品?かと思いきや、用を足すときに足の角度が90度よりも曲げられることで、腸が便を出しやすくなり、加えて足裏のツボを適温で温めることで便の通じを良くするという製品。

 次に紹介する3社はスタートアップコーナーで出展していた中で見つけた面白い商品。これらはどれもCES Asia Innovation Awardsは受賞していない。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]