logo

グーグル、中国Eコマース大手の京東集団に約600億円を出資

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 高橋朋子 (ガリレオ)2018年06月19日 10時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleがアジアの大手企業の協力を得て、同地域のEコマース市場に進出しようとしている。

 Googleは米国時間6月18日、中国の大手ECサイト「京東商城(JD.com)」を運営する京東集団に5億5000万ドル(約605億円)を出資することを明らかにした。消費者に手軽なオンラインショッピングの選択肢を提供し、東南アジアの市場に進出することが狙いだ。

 「アジア太平洋地域は、世界で最も規模が大きく、急速に成長しているEコマース市場の1つだ」と、Googleでアジア太平洋地域担当プレジデントを務めるKarim Temsamani氏は発表の中で述べた。「2025年には東南アジア市場だけで、オンライン消費額が881億ドルに達すると予想される」(Temsamani氏)。

 Googleによると、今回の提携により、JD.comの強みであるサプライチェーンとロジスティクスにGoogleの技術が組み合わさることになる。また、JD.comは「Googleショッピング」に加わり、同サービスでも商品を販売していくという。

 米国企業でJD.comと提携したのは、Googleが初めてではない。2016年にはWalmartが、当時中国で展開していたEコマース企業YihaodianをJD.comに売却し、引き換えにJD.comの株式を5%取得した。

 Googleによると、今回の提携の一環として、JD.comはGoogleに対して自社株式およそ2710万株を発行するという。

提供:CNET Asia
提供:CNET Asia

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]