アップルのARが次に目指すもの--未来のヘッドセットを「iOS 12」から占う - (page 2)

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2018年06月20日 07時30分

物体を検出し、情報をポップアップ表示

 かつて「Google Glass」が目指したのは、現実世界の物体を見ている同じ視線上に、魔法のメガネで情報を映し出すという未来だった。GoogleのOS、2017年の「Android Oreo」と2018年の「Android P」で提供される「Google Lens」は、カメラを通じて物体を認識し、自動的に関連情報を検索できる。ARKit 2も、物体を見るだけではなくそれに情報を関連付けることを可能にする。商品の購入情報や人の名前、さらには恐竜の名前などを物体の上に表示してもいい。あるいは、未来のスポーツイベントでは、選手の頭上に統計データが表示されるかもしれない。カードのポイントや使用履歴を表示する開発者のデモを見ても有望そうだ。

フェイストラッキングとアイトラッキング

 VRにはアイトラッキングが導入されつつあり、グラフィックを向上させるほか、目の動きだけで色々なものをコントロールできるようになる。直接のアイコンタクトにより、驚くほど親密なソーシャル体験を実現することさえできるかもしれない。ARにこの技術が導入されれば、空間に浮かべたインターフェースをコントロールする、感情や表情に応じて反応する、アバターを表情で操作する、といったことが考えられる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]