logo

サムスン、新プロセッサやペンを備える「Chromebook Plus(V2)」を発表

Joshua Goldman (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年06月15日 11時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンが新たな2-in-1コンバーチブル「Chromebook Plus(V2)」を発表した。

 調査会社NPDによると、サムスンはハイエンドのChromebook市場のリーダーであり、アップデートされた同社のChromebook Plusを見ると、その理由は明白だという。Chromebookに500ドル(約5万5000円)を費やすことに抵抗を感じる人もいるかもしれないが、サムスンは低価格のデバイスでは得られない優れた設計と製造品質、機能によって、Chromebook Plusを価値のある製品に仕上げている。

Chromebook Plus(V2)
Chromebook Plus(V2)
提供:Sarah Tew/CNET

 新しいプロセッサ「Intel Celeron Processor 3965Y」はバッテリ持続時間に全く影響しないようだ。実際、米CNETのストリーミング動画テストでChromebook Plus(V2)のバッテリは9時間33分持続し、2017年の「Chromebook Pro」を上回った。このテストは、12.2インチフルHDディスプレイの輝度を最大の300ニトの50%に設定して実施した。

 サムスンは、ディスプレイ上部の100万画素の前面カメラに加えて、f1.9のオートフォーカス対応1300万画素カメラをキーボードの上に配置している。

 そのカメラをPlus V2の本体側面に格納された小型デジタルペンと組み合わせると、仕事や学校、ソーシャルメディアで共有するための写真に手軽に書き込みをすることができる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]