logo

インテル、ディスクリートGPUを2020年にリリース?--公式Twitterアカウントにツイート

Lori Grunin  (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2018年06月14日 13時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Intel初のディスクリートGPUが2020年に登場」

 この簡潔なツイートは、Intelが同社の公式ニュースアカウントで米国時間6月13日に投稿したものだ。このメッセージとともに、2017年11月のプレスリリースへのリンクも載せている。このリリースは、AMDで「Radeon」テクノロジーグループのチーフアーキテクトを務めていたRaja Koduri氏がIntelに移籍したことを伝えるものだった。Koduri氏は、新たに立ち上げられたCore and Visual Computing Groupのシニアバイスプレジデント、Intelのチーフアーキテクト、エッジコンピューティングソリューションを推進する新しいイニシアチブのゼネラルマネジャーに就任している。

 Intelがこのツイートで今後登場すると明かした「ディスクリートGPU」が何を意味するのかについては、あらゆる可能性が考えられる。統合型より優れたベーシックなGPU製品を、AMDの力を借りずに発売するのだろうか?新製品「Core i7-8705G」のように、かなりの高パフォーマンスを実現した統合型の製品だろうか?あるいは、高性能だが比較的安価なワークステーション向けのプロセッサなのだろうか?コンソール関連という可能性もある。

 仮想通貨ブームが起こっていることなどを考えれば、IntelのディスクリートGPUへの進出は、非常に良いアイデアだと評価できる。また、市場で強い力を持つIntelがNVIDIAのライバルになれば、消費者にとってもメリットがあるだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]