logo

東芝、最大7chの全録対応「レグザタイムシフトマシン」--スマホで時短再生も

加納恵 (編集部)2018年06月12日 12時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝映像ソリューションは6月12日、BDレコーダーに最大7chの全録に対応した「レグザタイムシフトマシンDBR-M4008/M2008」(想定税別:13万円前後/9万円前後)を追加した。発売は6月下旬。

「レグザタイムシフトマシンDBR-M4008」
「レグザタイムシフトマシンDBR-M4008」
「レグザタイムシフトマシンDBR-M2008」
「レグザタイムシフトマシンDBR-M2008」

 従来「レグザサーバー」として展開していたが、視聴可能時間に応じて絞り込んで番組を選べるなど、時短機能をより進化させ、新商品レグザタイムシフトマシンとして登場。カスタマイズされた「スマホdeレグザ」機能により、スマートフォンの過去番組表、録画リスト、時短リストで番組を選んでテレビまたはスマートフォンで時短再生を楽しめるほか、テレビで視聴時にはスマートフォンを再生専用リモコンやテレビのサブディスプレイとして使用できるなどスマートフォンとの連携機能を強化した。

 専用エンジン「R-2」(レグザレコーディングシステム)を搭載し、市販のブルーレイディスク再生時でも止まらない全録を実現。録画した番組はチャプターを選択し、自動スキップ再生する「らく見」や1.3倍速で再生する「らく早見」を備える。

 毎回予約や毎回保存した番組の自動分類・まとめ表示を採用。旧機種ユーザーから要望の多かった、プレイリスト編集画面も復刻し、さらに編集機能を強化している。

 M4008は4Tバイト、M2008は2TバイトのHDDを内蔵。いれずれも地上、BS、110度CSチューナを6つ、地上デジタルチューナを1つ搭載。4Kのアップコンバート出力にも対応する。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]