logo

「Snapchat」がチケット販売のSeatGeekと連携--アプリから購入可能に

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2018年06月11日 11時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Snapchat」アプリの開発元であるSnapは、チケット販売を手がけるSeatGeekと提携した。Snapchatのユーザーは、スポーツの試合やコンサートのチケットを購入できるようになった。

 ファンたちは、Snapchatアプリ内で上にスワイプしてチケットを選択、支払いをして、スポーツチームやアーティストから直接チケットを購入できる。

 Snapは2018年2月にEコマース機能の開発に着手した。この方法で初めてチケットを販売したのは、米プロサッカークラブのLos Angeles Football Clubだ。同クラブは、ウェブサイトでSnapchatの「ストーリー」および「Snapcode」を通じて、米国時間5月26日に行われたD.C. Unitedとの試合のチケットを販売した。

 SeatGeekは、今後もSnapと協力し、Snapchatから購入できるイベントを増やしていくと述べた。

 SeatGeekの共同創業者Russ D'Souza氏は、「われわれは、チームやアーティストにとってSnapchatが素晴らしい機会になると考えている。彼らは同アプリで、イベントが探しやすくなるとともに、とりわけ熱心なファンに独占サービスで報いることも可能だろう」と話した。

 Snapchatにコメントを求めたが、返答は得られていない。

Snapchat
提供:Mauricio Santana / Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]