logo

「ハローキティ」や「シナモロール」と会話可能に--Google Home、ファミリー向け機能を拡充

西中悠基 (編集部)2018年06月05日 13時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは6月5日、Googleアシスタントをアップデートし、ファミリー向け機能を拡充したと発表した。「ハローキティ」や「シナモロール」などのキャラクターとの会話を楽しんだり、英会話の学習ができる。

グーグル 製品開発本部長 徳生裕人氏と、会見に招かれたハローキティ・シナモロール
グーグル 製品開発本部長 徳生裕人氏と、会見に招かれたハローキティ・シナモロール

 新たに提供されるコンテンツは、ハローキティなどキャラクターと会話ができる「ハローキティトーク」、「シナモロールトーク」や、「にほんごであそぼ」、「ディズニーマジカルえほん」などの10種類。Googleアシスタントに対応したスマートデバイスやGoogle Homeに「OK Google、ハローキティと話したい」などと呼びかけることで、コンテンツを楽しめる。

提供される10コンテンツ
提供される10コンテンツ
キャラクターとの会話が楽しめる
キャラクターとの会話が楽しめる

 同社はあわせて、Google Playで購入したオーディオブックを、Google Homeで再生できる新機能も発表した。「OK Google、オーディオブックを読む」などと話しかけることで再生ができ、家族で楽しめるようになるという。

 Googleでは、2017年5月にAndroid端末でGoogleアシスタントの提供をスタート。10月には日本でGoogle Homeの販売を開始した。日本国内でのGoogleアシスタントの利用数は、サービス提供当初の5倍以上を達成しているという。これら音声認識デバイスの認知拡大について、グーグル 製品開発本部長 徳生裕人氏は、「子供や高齢者など、これまでコンピュータを使うことがなかった年齢層でもGoogle Homeが利用されている」とコメント。この現状を踏まえて今回、家族で楽しめるコンテンツの提供を開始したという。

 徳生氏は、「家族全員で楽しんでいただけるGoogle Home」を目指し、機能の拡充や、外部デベロッパー向けツールの改良を続けていくとした。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]