logo

ストリートパフォーマーへのチップも非接触型決済で--ロンドンで実現へ

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年05月30日 10時23分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ストリートパフォーマーが非接触型決済を受け入れることを可能にする、世界初かもしれない仕組みによって、ポケットの小銭を見つけて帽子に投げ入れる日々が過去のものになるかもしれない。

ストリートミュージシャン
提供:File Photo

 ロンドン市が発表した新たな仕組みでは、ストリートパフォーマーが芸の代価として、従来の現金だけでなく、カードリーダーを使った非接触型決済によるチップも受け取ることができる。

 BBCの報道によると、ロンドン市長が立ち上げた「Busk in London」と呼ばれる組織(同市のストリートパフォーマーに常識的なガイドラインを提供している)がスウェーデンのモバイル決済プロバイダーでPayPal傘下のiZettleと提携し、これを実現した。

 ロンドンのSadiq Khan市長が現地時間5月27日に述べたところによると、このスキームは複数回のテストが成功した後でロンドンのさまざまな場所で提供される予定で、「より多くのロンドン市民が同市の優秀で才能豊かなストリートパフォーマーへの支持を示せるようになる」という。

 今後数カ月の間にストリートパフォーマーらは、カードリーダーにアクセスして「タップして寄付」するシステムを利用できるようになる。

 英国の多くの人々にとって現金がまだ主流であるものの、モバイル決済の人気は高まる一方だ。ストリートパフォーマーは非接触型決済や、ICカードを暗証番号を利用する「Chip and PIN」、ウェアラブル製品を通して「タップしてチップを渡す」という選択肢を提供することで、収入を増やせるかもしれない。

 ストリートパフォーマーのCharlotte Campbellさんは、この仕組みをわずか2週間試用しただけで、収入に「大きな効果」があったとBBCに語っている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]