logo

2019年発売の「iPhone」、背面にトリプルレンズ搭載か--AR機能に期待

Lori Grunin  (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 高森郁哉 (ガリレオ)2018年05月30日 10時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年の「iPhone」に3基のカメラが搭載されるといううわさが、以前から流れていた。そして今回、あるアナリストが記事の中で、カメラ1基は望遠撮影用レンズを備え、あとの2基は拡張現実(AR)機能に使用されると推測している。このアナリストによると、2基のカメラが連動して(3Dカメラと同じように)深度マッピングを行うという。

 この推測は、Deutsche SecuritiesのアナリストであるLu Jialin氏が示したもので、台湾の経済日報Google翻訳を適用)が現地時間5月28日の記事で引用した。

 カメラのうわさが出る前にも、2019年にはiPhoneの全モデルにOLEDディスプレイが搭載される可能性が指摘されていた。このように、2019年のiPhoneについてはさまざまな推測が出ているが、その前に2018年モデルの登場が待たれる。

 この件についてAppleにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

提供:iDropNews
提供:iDropNews

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]