logo
Indiegogo

スマホで管理するキーボックス「Smart Keybox 2」--鍵の受け渡しをスマートに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Airbnb」などの空き部屋シェアサービスを介した“民泊”が注目されているが、宿泊客に鍵を渡す手段が問題だ。鍵を格納できて暗証番号の入力で開けられるキーボックスの利用が一般的だが、安全性が気になる。個別発行する暗証番号で解錠許可するスマートロックは使い勝手がよいものの、ドアの改造が必要になるなど導入しにくい。

 そこで、スマートロックの利便性とキーボックスの簡便性を兼ね備えた、スマートフォンと連携するキーボックス「Smart Keybox 2」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で購入申し込みを受付中。

スマートロックの利便性とキーボックスの簡便性(出典:Indiegogo)
スマートロックの利便性とキーボックスの簡便性(出典:Indiegogo)

 Smart Keybox 2は、内部に鍵を入れておき、開けるための暗証番号をBluetooth連携させたスマートフォンで管理するスマートなキーボックス。ドアノブやドア周辺の手すり、壁などに取り付ければ、スマートロックと違ってドアを改造せず鍵を他者に渡せる。Smart Keybox 2のインターネット接続は不要なので、設置場所を選ばない。民泊や不動産物件の内覧などに使えるだろう。

キャプション
暗証番号を入れて鍵を取り出す(出典:Indiegogo)

 暗証番号の生成や取り消しといった管理作業は、アプリで実行する。Airbnbサービスと連携し、宿泊者用の暗証番号を自動発行させることも可能。特定ユーザーが持つスマートフォンとのBluetooth接続で解錠する、Bluetoothキーも発行できる。

暗証番号はアプリで管理(出典:Indiegogo)
暗証番号はアプリで管理(出典:Indiegogo)

 単純に暗証番号を設定できるだけでなく、暗証番号に対する有効期限の設定、アクセスログの記録といったセキュリティ機能も備える。ボタンを押した指の痕跡から暗証番号が推測されないよう、最大8桁のランダムな数列を暗証番号の前に入力する設定も選べる。

アクセスログなどのセキュリティ機能も(出典:Indiegogo)
アクセスログなどのセキュリティ機能も(出典:Indiegogo)

 Indiegogoにおいて、送料別169ドル(約1万8400円)で販売中。記事執筆時点(日本時間5月29日15時)で4週間以内に出荷するとしているが、何らかの理由で出荷できない場合は返金される。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]