logo

動画配信のVevo、モバイルアプリと独自サイトを終了へ--YouTubeが中心に

Joan E. Solsman (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年05月25日 13時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 動画ストリーミングサービスを提供するVevoが、モバイルアプリと消費者向けストリーミングサイトを今後数週間で終了する。これにより、同社の膨大な量の公式な音楽動画を人々が視聴するにあたり、YouTubeがますます中心的になる。

 Vevoはオンライン音楽動画の配信元として人気を集めているが、ほとんどの人は、YouTube上にある30万以上の公式音楽動画の隅に表示されるウォーターマーク(透かし)で同社を知る程度だろう。Vevoの動画視聴の大部分はYouTubeによるものであり、同社は独自サービスを成長させるのに何年も苦戦してきた。

 Vevoは米国時間5月24日のブログで、同社が所有し運営するプラットフォームの「要素を段階的になくす」と述べた。同社が所有し運営するプラットフォームとは、主にモバイルアプリと、「Roku」や「Apple TV」などのメディアストリーミング端末向けアプリのことだ。同社の広報担当者はこれについて、モバイルアプリとVevoの消費者向けウェブサイトを今後数週間かけて終了するが、一部のテレビ向けアプリのサポートは継続し、テレビに関する他の選択肢を検討すると語った。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]