logo

「Windows 10 April 2018 Update」適用後にブラックスクリーン問題が発生

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年05月24日 10時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows 10」の「April 2018 Update」にアップデートしてから重大な問題が発生している、という報告が米国時間5月21日から増加している。

 Redditのユーザーによると、同アップデートをインストールして以来、コンピュータは起動しているようだが、アイコンが1つもないブラックスクリーン(真っ黒な画面)が表示されて、何もできなくなるという。デスクトップファイルにアクセスできないことを伝えるエラーメッセージも表示される。

 Microsoftのフォーラムのユーザーも14日以降、Windows 10の最新バージョンにアップデートしてから同様のブラックスクリーン問題が発生したことを報告している。今週に入り、そうした報告は増加している。

 5月22日には、あるユーザーが別のスレッドで、「DellのコンピュータでApril 2018 Updateへのアップデートを試みたが、ブラックスクリーンにマウスカーソルが表示されただけだった。その後、ASUSのコンピュータで試したところ、ごみ箱のアイコンだけがある真っ黒なデスクトップ画面が表示された」と述べた。

 「私のDellは再起動を繰り返して、ソフトウェアの再インストールを試みた。ASUSでは、再起動するたびに、セットアップ画面に戻り、『These updates help protect you in an online world(これらのアップデートはユーザーをオンラインの世界から保護する)』というメッセージが表示される」(同ユーザー)

 The Registerによると、米国のコンピュータ修理会社のComputer CellarがRedditへの投稿で、Avastのアンチウイルスソフトウェアを使用する複数のユーザーが同じ問題に遭遇していることを指摘した。

 実際に、一部のRedditユーザーは、Windows 10 April 2018 Updateへのアップデート後に問題が発生したとき、Avastを実行していたと主張している。その一方で、Avastに買収されたAVGのソフトウェアを使用していると主張するユーザーもいる。

 しかし、どちらのアンチウイルスソフトウェアも使っていないが同じ問題に遭遇したと主張するRedditユーザーも複数いる。

 AvastはThe Registerに対し、この問題をテストしているが、「これがAvastによって引き起こされていることを示すものは何も確認できていない」と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]