logo

次世代iPhone用「A12」プロセッサ、7nmプロセスで生産開始か

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年05月24日 08時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年に発売される次期「iPhone」に搭載予定の次世代プロセッサの生産が、既に始まっていると報じられている。

 Appleの製造パートナーであるモバイルチップメーカーのTSMCが、「A12」と名付けられると思われるチップの生産を開始したという。Bloombergが情報筋らの話として報じた。7nmプロセスを採用する同チップは、Appleの現行製品に搭載されている10nmチップよりも、高速で電力効率が高いとされている。

 このチップによってAppleの端末は、アプリの実行が高速になり、バッテリ持続時間が長くなる可能性がある。そうなればAppleは、新端末の需要が低迷して競争の激化する市場において、優位に立つことができる。革新的なハードウェアデザインに欠けることに加え、端末買い替えのサイクルが伸び、通信事業者の補助金が縮小しつつあることが、需要低迷の要因とされている。

 サムスンも22日、極端紫外線リソグラフィ(EUV)を採用した7nmプロセスによるチップの製造を年内に開始すると述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]