logo

NVIDIA、ロボットが人間のやり方を観察して学ぶディープラーニングシステムを開発

MARK SERRELS (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年05月22日 10時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロボットが人間の作業を見るだけでそのやり方を学習できるという、今までにないディープラーニングベースのシステムをNVIDIAの研究チームが開発した。同社が米国時間5月20日に発表した。この技術を利用すると、人間とロボットのコミュニケーションが強化され、両者が同じ場所でよりシームレスに協力して作業を行えるようになるという。

 NVIDIAの研究チームは次のように説明している。「ロボットが実際の環境で人の役に立つ作業ができるようにするには、その作業の内容をロボットに簡単に伝えられるようにする必要がある。したがって、目標を伝えるとともに、その目標を達成するための最適なやり方についてヒントを与えることが必要だ。ユーザーはデモンストレーションによって作業の内容をロボットに伝え、その作業を最もうまく行う方法についてヒントを与えることができる」

 NVIDIAはこのプロセスを示す動画も公開している。

 同チームは、5月21日から25日までオーストラリアのブリスベンで開催されるロボティクスとオートメーション分野の国際会議「ICRA 2018」で、この研究成果を発表する予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]