logo

“目からビーム”が可能に!?--レーザー光を出すコンタクトレンズが現実のものに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 英国セント・アンドリュース大学の研究チームは、レーザー光線の放射が可能なコンタクトレンズの基盤技術を開発した。


コンタクトレンズや紙幣に組み込めるレーザー出力可能な薄膜(出典:セント・アンドリュース大学)

 開発した技術は、有機半導体で作られた極めて薄い膜。柔らかい薄膜でレーザー出力が可能になる。レーザー光線を出すといっても、バッテリなどから電気エネルギーを得て自らレーザー発振するわけでなく、外部から照射されたレーザー光で励起し、異なる波長のレーザー光を出す薄膜だ。そして、この性質は数カ月にわたって維持された。


外部からのレーザー光(紫)で異なる波長のレーザー光を出す(緑)(出典:セント・アンドリュース大学)

 膜の厚みは500ナノmに満たず、軽く柔軟性も高い。そのため、コンタクトレンズや紙幣などに組み込めるとした。用途としては、セキュリティや医療といった分野への応用が考えられるという。


爪からもレーザー光を出せる(出典:セント・アンドリュース大学)

 なお、研究チームは「目からレーザービームを出すスーパーマンの能力が、実現に1歩近づいた」としている。将来は、「Mr.インクレディブル」の「ゲイザービーム」くらい強力なレーザー光線を出せるようになるだろうか。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]