logo

中国ライドシェアDidi Chuxing、米で自動運転の公道試験許可を取得

Kyle Hyatt (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年05月15日 12時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国の配車サービス企業、滴滴出行(Didi Chuxing)が、自動運転車の公道試験を実施する許可をカリフォルニア州で取得した。

 Didi Chuxingは中国で最もよく使われている配車アプリだ。その人気は、2016年にUberの中国事業を買収したほどだ。ごく最近まで、中国国内市場での活動に専念してきたが、4月に入って、メキシコでの営業に向けて最初の一歩を踏み出した。

 Didi Chuxingは、配車事業に加えて、人工知能(AI)や自動運転車の開発にかなり投資している。自動運転車の試験許可がカリフォルニア州から下りたことで、実用的な自動運転車を開発するという目標に大きく近づき、米国市場に小さな足掛かりができる。

 Didi Chuxingだけでなく、百度(バイドゥ)をはじめとする他の中国企業も、カリフォルニア州での試験に必要な許可を受けている。


「中国版Uber」のDidi Chuxing
提供:Zhang Peng/Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集