logo

ソフトバンク、5G×IoT Studioのお台場ラボを公開--5G時代を見据え

西中悠基 (編集部)2018年05月11日 20時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 お台場ラボのデモンストレーションルーム。デモンストレーション展示は、状況に応じて随時更新していくという。
Scroll Right Scroll Left

 お台場ラボのデモンストレーションルーム。デモンストレーション展示は、状況に応じて随時更新していくという。

 ソフトバンクは5月11日、5Gの提供に向けたトライアル環境「5G×ioT Stuido」の施設、「お台場ラボ」を公開した。

 5G×ioT Stuidoは、さまざまな企業との新たなソリューションやサービス、プロダクトの共創を目指し、ソフトバンクが提供するトライアル環境。2018年2月に東京フィールドエリアとして、赤坂エリアや品川エリアなど、都心の屋外環境での提供を開始している。お台場ラボの開設により、屋内でのトライアル環境も整うこととなる。

 お台場ラボでは、5G実験機器や周辺機器、エッジコンピューティングを想定した高性能サーバなどを設置。各法人が5GやIoTと組み合わせた技術のデモンストレーションを見学できるほか、5G環境によるサービスやアプリケーションの検証が実施できる。これにより、2020年の5Gサービス開始に先立って技術に触れたい、という法人の声に応えるとしている。


ソフトバンク代表取締役 副社長執行役員兼COOの今井康之氏

 ソフトバンク代表取締役 副社長執行役員兼COOの今井康之氏は、お台場ラボの開設に際し、「5Gの実証実験などをここで先行して進め、企業からの要望・質問に応えていきたい」とした。また、「グループシナジーを生かし、グループ戦略を生かした技術をもって、企業の役に立っていきたい」と、今後の展開への期待を語った。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]