logo

ソフトバンク、4.5GHz帯実験試験局の免許取得--品川エリアで5Gの実証実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクは4月4日、第5世代移動通信システム(5G)向け候補周波数帯のひとつである4.5GHz帯の実験試験局免許を取得したと発表した。

 免許取得により同社では、ノキアソリューションズ&ネットワークスと協力し、品川エリア(東京都港区)において、4月から5Gの実証実験を実施するという。今回の実証実験開始により、同社の「5G×IoT Studio」の5G実証実験のフィールドエリアがさらに拡大する。

 今回の実証実験では、5Gで使用予定の新たな無線インターフェースを採用し、5Gの目標である超高速ブロードバンド通信などの実現に向けて、1人当たり1Gbpsを超える通信ネットワークの動作検証などを実施する予定。具体的には、5Gの商用サービスを想定し、5G向け候補周波数帯における高層ビルなどの遮蔽物があるフィールド環境での電波伝搬特性の検証、高速移動時のハンドオーバーの検証、Massive MIMOやMultiUser MIMOなどの要素技術を使用した超高速ブロードバンド通信などの検証を実施する。

 実験周波数帯は、4.5GHz帯。帯域幅は、100MHz。基地局数は、2局。

 同社は、2016年8月に東京臨海副都心(台場地区)で5Gの実証実験を開始し、2017年から赤坂エリア(東京都港区)と芝大門エリア(同)でも5Gのフィールド実証実験を実施している。今回は、人口が密集する都心部での実証実験の一環として、品川エリアで実際の使用環境に近い状況で5Gの性能を検証し、2020年ごろの5Gの商用サービス開始を目指す。

 また、5Gなどのトライアル環境を提供し、さまざまな企業との新たなソリューションやサービス、プロダクトの共創を目指す「5G×IoT Studio」を2018年2月にスタートさせている。来るべき5GやIoTの時代に向けて、実証実験を通じたノウハウを蓄積し、5Gネットワークの展開時には、実際の商用環境下でも安定したサービスの実現を目指すという。

-PR-企画特集