logo

グーグル「ARCore」の新機能「Cloud Anchors」、マルチプレーヤーでAR体験を共有

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2018年05月10日 10時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マルチプレイヤーでの拡張現実(AR)体験が近く実現するかもしれない。複数のスマートフォンで空間が共有されるというものだ。2018年の開発者カンファレンス「Google I/O」では、ARと仮想現実(VR)関連分野の発表は全般的に控えめだったが、Googleの「ARCore」のアップデートで提供される「Cloud Anchors」は極めて刺激的だ。

Google Cloud Anchors
提供:Scott Stein/CNET

 Cloud Anchorsは、複数のデバイスからアクセスできるクラウド内のデータポイントを共有するものだ。これまで、iPhoneの「ARKit」やAndroidのARCoreのようなスマートフォン上で使えるARは、1人で体験するものだった。これは「HoloLens」などのヘッドセットでも同じだ。筆者が試したことのある唯一のマルチプレイヤーARは、Lenovoのヘッドセットを用いた「Star Wars Jedi Challenges」だが、これはむしろ、2人のプレイヤーが同時に動きを合わせる、シンクロナイズドスイミングのようなものだった。


提供:Scott Stein/CNET

 「Light Board」はGoogleが開発したゲームのデモで、iOSとAndroidの両OSに対応しており、Cloud Anchorsを使って複数のスマートフォンで機能する。筆者がGoogle I/Oの場で披露してもらった。筆者が色付きのターゲットマーカーが詰まった小さな基地をセットすると、Googleのスタッフも、部屋の向こう側でAndroid搭載端末を使い、同じことをした。そのターゲットにバーチャルミサイルを撃ち込むと、相手も私のターゲットを撃ってくる。先にすべてのターゲットを明るくしたほうが勝ちになる。

 このゲームはスマートフォンの画面を通じて現実世界に3Dエフェクトを重ねるというもので、ARKitやARCoreを使ったほかのゲームと似ていると感じる。ただ、このゲームは2人でプレイするのと同時に、体験を共有することができる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]