logo

カシオ、コンパクトデジカメ事業から正式に撤退を表明--通期赤字49億円

坂本純子 (編集部)2018年05月09日 21時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カシオ計算機は5月9日、コンパクトデジタルカメラ事業から撤退することを正式に発表した。4月に日本経済新聞が撤退する方針を固めたと報じていたが、2018年3月期の決算発表で明らかにした。

 「デジタルカメラは独自ジャンルの新製品を投入するも、市場の大幅な縮小により低迷」したと説明。コンパクトデジタルカメラ市場からの撤退に向けた費用計上により赤字幅が拡大したとしている。

 第4四半期(1月~3月)におけるデジタルカメラ事業の売上は、20億円(対前年マイナス57%)、赤字27億円。通期では、売上123億円(対前年マイナス34%)、赤字49億円。「コンパクトデジタルカメラ市場からの撤退により赤字体質から脱却する」としている。

「コンパクトデジタルカメラ市場からの撤退により赤字体質から脱却する」と説明
「コンパクトデジタルカメラ市場からの撤退により赤字体質から脱却する」と説明

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]