logo

「Google News」、AI活用でパーソナライゼーションを強化

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年05月09日 11時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間5月8日、「Google News」をアップデートし、ユーザーがパーソナライズされた記事や信頼できるソースを見つけるのを支援する人工知能(AI)を追加した。

 News製品の開発に取り組むエンジニアのTrystan Upstill氏が開発者会議「Google I/O」で述べたところによると、Google Newsの新バージョンはAIを使って、ウェブ上の膨大な量の記事や動画、ポッドキャスト、コメントをスキャンし、ユーザーの関心に基づいてそれらを編集するという。ユーザーが自分の好みをアプリに伝える作業は不要で、使っているうちに、アプリがユーザーの興味を学習してくれるという。


提供:James Martin/CNET

 8日より、Googleの「Android」とAppleの「iOS」、ウェブで新サービスの提供が開始される。来週までに、127カ国で新サービスを利用できるようになる見通しだ。

 アップデートされたアプリには、「full coverage」(フルカバレッジ)と呼ばれる機能が含まれる。この機能は、特定のニュースに関連するツイートやタイムライン、ファクトチェック、分析、追加のコンテンツをまとめて、より多様な視点を提供する。このセクションはパーソナライズされず、すべてのユーザーに同じ情報が表示される。

 ニューススタンドセクションは「Subscribe with Google」の力を借りて、発行元をフォローしたり、購読したりできる機能をユーザーに提供する。Subscribe with Googleは数週間以内に提供開始予定の新機能だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]