logo

Oculus、GDPRに備え新プライバシー関連ツールなど発表

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年04月20日 08時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebook傘下の仮想現実(VR)部門Oculusは米国時間4月17日、新しい「My Privacy Center」を発表した。自身の情報や、Oculusに共有した情報を確認するためのツールを備える。5月20日にリリースされる予定だ。4月20日にはサービス規約やプライバシーポリシーも更新され、Oculusによるユーザー情報の使用方法に関する詳しい説明や「実際」の例が追加される。また、行動規範がサービス規約に追加される。

 5月25日にはEU一般データ保護規則(GDPR)が施行される。GDPRは、EU圏でオンライン事業を展開する企業に対し、ユーザーの個人データの取り扱い方法を全面的に見直すことを余儀なくさせるものだ。

 Facebookは、最大8700万人にのぼる主に米国ユーザーの個人情報がCambridge Analyticaに「不正に共有」されていた可能性があることをめぐって高まる議論への対応に追われている。そうした中、Oculusは独自にプライバシーポリシー改訂を進めた。

Oculus My Privacy Center
提供:Oculus

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]