logo

アップル、新「AirPods」用ケースはオーディオ無線アダプタに?--特許が成立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年中に新モデルが発売されると見られるAppleのワイヤレスイヤホン「AirPods」について、同社の公開特許から新機能を予想した。今回は、すでに成立した特許から、AirPodsケースの新機能を占ってみよう。

 これは、AirPods用ケースを音声ワイヤレス送受信用のアダプタとして使う技術。Appleがこの技術を米国特許商標庁(USPTO)へ出願したところ、米国時間4月17日に「WIRELESS HEADSET CARRYING CASE WITH WIRELESS TRANSMITTER」(特許番号「US 9,949,015 B1」)として登録された。出願日は2017年9月7日。


登録されたAppleの特許(出典:USPTO)

 この特許は、AirPodsのようなワイヤレスイヤホンを入れるケースに、音声に対応する無線および有線の通信機能を付与し、無線オーディオトランスミッタやレーシバとして使えるようにする技術を説明したもの。ワイヤレス通信技術の方式に制約はなく、Bluetoothなどさまざまな近距離用の通信技術が利用できる。

 この技術を使うと、無線通信に対応していないオーディオ機器にケースを接続し、ワイヤレスイヤホンで音楽を楽しむ、といったことが可能になる。逆に、スマートフォンなどから無線通信でケースへ音楽を送信し、ケースを接続したオーディオ機器から音楽を流す、という使い方も考えられる。


スマホから無線非対応オーディオ機器へ音楽を飛ばす(出典:USPTO)

無線非対応オーディオ機器からイヤホンへ音楽を飛ばす(出典:USPTO)

 ケースに操作用ボタンを設け、これを使って音量などをコントロールするアイデアにも言及している。さらに、操作用ボタン部分はケースから取り外せて、手元で使うリモコンとしても機能する。


ケースのボタンで再生操作、ボタン部分は取り外し可能(出典:USPTO)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]