logo

アマゾン、Ringの買収完了--「Ring Video Doorbell」は100ドルに値下げ

Megan Wollerton (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年04月13日 09時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは米国時間4月12日、スマートドアホンや屋外セキュリティカメラを手掛ける新興企業Ringの買収を完了した。買収計画については、2月に発表されていた。

 買収完了を受け、Ringは第1世代「Video Doorbell」の価格を99.99ドル(約1万円)に引き下げた。同製品はこれまで、Amazonで約150ドル(約1万6000円)、Ring.comでは179ドル(約1万9000円)で販売されていた。720HDのVideo Doorbellは、配線で接続するか、充電可能なバッテリで動作することができる。内蔵カメラのモーションセンサの検知範囲内に誰かが入るか、ドアホンを鳴らすと、アラートが送信される。

 Amazonは、Ringやセキュリティ製品メーカーのBlinkを買収したほか、独自のコネクテッド製品ラインアップを取りそろえ、スマートホーム分野に力を入れている。同社は、音声対応AIの「Alexa」を搭載する幅広い種類のスマートスピーカを販売している。また、宅内配達サービス「Amazon Key」も米国で提供している。

 Ringは第1世代のVideo Doorbellのほか、配線接続のみに対応する「Video Doorbell Pro」や、充電式のバッテリパックを装備する「Video Doorbell 2」も販売している。さらに、「Video Doorbell Elite」というプロ向けのフラッシュ搭載版も提供している。

 Amazonは2017年12月にBlinkを買収しており、99ドルのVideo Doorbellを2018年中に発売すると見られている。RingとBlinkのブランド名は、いずれも維持される予定だ。

Ring
提供:Tyler Lizenby/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]