logo

ドコモ、次世代コネクテッドカーを開発へ--フランスのヴァレオと協業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは4月12日、フランスの自動車部品メーカーであるヴァレオグループ(以下、ヴァレオ)と、次世代型コネクテッドカーやモビリティサービスの開発・展開に向けた取り組みを4月13日から開始すると発表した。

 ヴァレオは、自動車部品、システムとモジュールの設計開発、生産、販売などをしている自動車部品・システムのサプライヤー企業。自動車業界で進んでいる電動化、自動運転、デジタルモビリティの、3つの革命の中心となる技術を開発している。

 今回の協業では、両社の持つ技術・ソリューションを連携することで、コネクテッドカー向け通信サービスと車載機器の提供、5G/V2X(Vehicle to everything)時代を見据えた次世代モビリティサービスの開発、スマートフォンを活用した車両向けデジタルサービスの提供、車載機器をコントロールするソリューションの開発・提供などのサービス領域に取り組むという。

 また、先進的な製品・ソリューションを共同開発し、順次新たなコネクテッドカー、モビリティサービスを提供することで、より豊かなカーライフの創造に貢献するとしている。

 

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]