logo

日本エイサー、NTTドコモLTE回線に対応した初のChromebook--防滴キーボード装備

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本エイサーは3月27日、法人・文教市場に向けにLTE通信モジュールを内蔵した11.6型Acer Chromebook 11「C732L-H14M」を4月26日に発売すると発表した。法人モデル扱いのため、オープン価格となる。


 Acer Chromebook 11「C732L-H14M」は、NTTドコモの相互接続試験(IOT)を完了したLTE通信モジュールを内蔵するChromebook初のモデル。NTTドコモが提供するLTE接続サービスによる高速でセキュアな通信環境、広い通信エリアを実現しているという。


 同社によると、現在主流となっている高額な初期投資を必要とする無線LAN環境への依存度を軽減することで、校外学習など場所を問わない自由な学習スタイルを実現するほか、教職員の校務負担の軽減、柔軟な働き方改革の推進にも大きな役割を果たせるという。

 また、2020年度からの小学校でのプログラミング教育の必修化に向けて、ICT環境構築の新たな選択肢を同機種により提供するとしている。



 なお、Acer Chromebook 11「C732L-H14M」は米国国防総省の定める耐久試験「MIL-STD 810G」の高温・低温耐久、防滴、防湿、耐振動、耐衝撃、防塵の項目をクリアしており、強化ハニカム構造とキーボード周りのラバーバンパーと合わせて、高い剛性・堅牢性を確保しているのが特徴。画面を最大180度開けるフラットスタイルにも対応する。


 また、最大330mlの水をこぼしても内部の精密部品が壊れない排水機構を備えた防滴キーボードを装備。キーの隙間から侵入した水は、ボディ底面の2つの排水孔から排出されるようになっている。さらには、キーと筐体の隙間を最小限に抑え、故障の原因や授業の妨げになるキーキャップ剥がれを防ぐという。充電には、USB Type-Cを使用。1回の充電で最長12時間利用できる。



 冷却用ファンを搭載しないファンレス構造であるため、耳障りな動作音がなく、公共の場をはじめ、教室や図書室など静かな環境でも安心して利用可能。CPUには、インテル Celeronプロセッサーを採用。広視野角対応HDR HDウェブカメラなどを内蔵する。



-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]