logo

AMD、「Spectre Variant 2」脆弱性に対処するパッチをリリース

Anne Dujmovic (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年04月11日 11時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 チップメーカーのAMDは米国時間4月10日、「Spectre Variant 2」に対処するアップデートをリリースした。この変種はコンピュータのプロセッサを攻撃に対して脆弱にするものだ。攻撃を受けると、パスワードなどの機密情報を盗まれるおそれがある。


提供:James Martin/CNET

 AMDによると、Microsoft「Windows」のユーザーは、プロセッサのマイクロコードのアップデートと同OSの完全にアップデートされたバージョンを組み合わせることで、Spectre Variant 2の脆弱性を緩和できるという。

 Microsoftは10日、「Windows 10」を実行するAMDユーザー向けにアップデートをリリースした。AMDはまた、「2011年に発表された最初の『Bulldozer』コア製品までさかのぼる」自社製チップ向けにマイクロコードアップデートをリリースしたことを明らかにした。ユーザーはPCメーカーやサーバメーカーらが提供するBIOSアップデートをダウンロードすることで、そのマイクロコードをインストールできる。

 研究者らは1月、「Meltdown」と呼ばれる別の脆弱性と共に、Spectreの2つの変種を発見したことを明らかにした。これらの脆弱性は、何億台ものコンピュータや携帯電話に搭載されたチップに影響を及ぼす。SpectreはIntelとArm、AMDのチップに影響を及ぼすが、Meltdownの影響を受けるのはIntelのチップとArmの一部のチップだけだ。

 「Spectre Variant 1」による脅威について、AMDは1月、OSのパッチで封じ込めることが可能だと述べた。それらのパッチは既にリリース済みだ。

 IntelとMicrosoftは1月にSpectre向けのパッチをリリースしたが、それがデバイスの誤作動を引き起こしたため、一部のパッチの提供を停止した。Intelは、保護を必要とする「この5年間に発売されたIntel製品の全て」にマイクロコードアップデートをリリース済みであることを、3月に明らかにした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集