logo

Facebook、情報流出の影響を受けるユーザーに通知開始--すぐに確認できる方法も

Jason Cipriani (Special to CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2018年04月11日 10時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間4月9日、Cambridge Analyticaがデータにアクセスした可能性のあるユーザーに対し、ニュースフィードの上部にポップアップを表示してその旨を通知する措置を開始した。

 しかし、Facebookの多くの機能と同様、アラートは徐々にロールアウトされるため、影響を受けたユーザー全体に通知するには時間がかかる。そこで、自分のニュースフィードを何度も更新してアラートを表示させようと試みる代わりに、以下の方法で、自分のアカウントがCambridge Analyticaをめぐるデータ流用問題に巻き込まれたかどうかを確認できる。

 Facebookのヘルプセンターにアクセスして、自分のアカウントにログインする。「Was My Information Shared?(情報が共有された可能性)」セクションを探すと、そこに答えが記載されている。


提供:Jason Cipriani/CNET

 データが共有された可能性のあるユーザーに対しては、Facebookが共有した内容を通知するとともに、アカウントのセキュリティを強化するための提案を行う。ただし、留意すべきは、「This Is Your Digital Life」アプリを使用していた友達が原因で、自分のデータがアクセスされた可能性もあることだ。この事実だけでも、今回の騒動全体がユーザーにとってストレスとなっている。


提供:Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]