logo

ソニーモバイル、周囲の音も聞こえる左右独立型イヤホン「Xperia Ear Duo」

加納恵 (編集部)2018年04月11日 11時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーモバイルコミュニケーションズは4月11日、完全ワイヤレスイヤホン「Xperia Ear」に、周囲の音を取り込みながら音楽が聴ける「デュアルリスニング」機能を備えた新モデル「Xperia Ear Duo XEA20」を発表した。アウトドアやオフィスでも、外音を聞きながら自分だけの音楽を楽しめる。発売は4月21日。想定税別価格は3万円前後になる。


「Xperia Ear Duo XEA20」

 Xperia Ear Duoは、ドライバユニットを耳の後ろに配置し、音導管を通して鼓膜に直接音を届ける「音導管設計」を採用。イヤピース部とユニット部が音導管でつながれた独自のデザインで、耳の下を通して装着する下掛けスタイルになる。

 音導管を採用することで、音が直接鼓膜に届くため、開放型ながら音漏れを最小限に抑えることに成功。「アダプティブボリュームコントロール」により、周囲の環境に合わせ自動で音量調節ができるほか、ソニーのオーディオ部門による開発協力により、オープンな構造ながら自然でクリアな高音質再生を追求している。

 耳の後ろにドライバユニットを配置することで、正面からは目立ちにくく、イヤリングやピアス、眼鏡などをつけていても、それほど気にせず装着が可能。S、M、Lサイズの「リングサポーター」を付属し、より安定した装着ができるとしている。


「リングサポーター」を付属し、より安定した装着ができる

 イヤホン部左右間の接続は、補聴器などにも使われている通信技術NFMI(Near-Field Magnetic Induction/近距離電磁誘導)を採用。アンテナ設計を工夫することで、遅延を抑え、左右間の安定した接続を実現しているという。

 本体にはノイズ分離用に2つ、音声認識用に2つ、計4つのマイクによる「クアッドビームフォーミングマイク」を搭載。ノイズを分離し、音声を認識することで、周囲が騒がしくても、高品質の通話を提供するとしている。


イヤホン部の重量は各10.6g

 独自のボイスアシスタント機能「Assistant for Xperia」により、電話やメッセージの送信、スケジュール確認などを音声操作することが可能。LINEのAIアシスタント「Clova」と連携し、Clovaの機能を呼び出すこともでき、LINEメッセージをハンズフリーで作成、送信することも可能だ。

 ドライバユニット部にはタッチパッドを備え、再生、一時停止、曲送り、曲戻しなどの操作が可能。Xperia Ear同様に、うなずきや首を横に振る、右(左)を向くといった動作で操作ができるヘッドジェスチャーも備える。

 Android OSのみの対応になるが、時間とユーザーの行動から状況を認識し、ユーザーの状況に合わせたニュース、スケジュール、天気などの情報を伝える「デイリーアシスト」機能も搭載。起床時には今日の日付や現在の時刻、スケジュールなどを教えてくれるほか、夜帰宅すると「おかえりなさい」などの呼びかけや、翌日の天気などを読み上げる。

 また最大5人でトランシーバのように通話ができる「Anytime Talk」も搭載。耳に装着するだけでメンバーとつながり、タッチパッド長押しで、自分の声が相手に届くため、新しいグループコミュニケーションとして利用できる。こちらの機能もAndroid OSのみの提供になる。

 本体のみで最大約4時間の再生ができるほか、充電ケースで3回分の充電が可能。7分の充電で約1時間の使用ができる急速充電機能も備える。いやほんぶは高さ59.6mm×幅17.5mm×奥行き10.2mmで、重量約10.6g。充電ケースは直径89mm×高さ25mmの円形で、重量約76gになる。

 

本体のみで最大約4時間の再生ができるほか、充電ケースで3回分の充電が可能

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]