logo

「Google Home」、Bluetoothスピーカとペアリングして音楽再生が可能に

Andrew Gebhart (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年03月29日 08時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートスピーカ「Google Home」で、「Chromecast」を経由することなく任意のBluetoothスピーカで音楽を再生できるようになった。


提供:James Martin/CNET

 米国時間3月28日から、Google Homeアプリを使用して、Google Homeと任意のBluetoothスピーカをペアリングできるようになった。そのスピーカを音楽再生のデフォルトスピーカとして設定すれば、次にGoogle Homeに音楽の再生を求めたときに、そのスピーカで再生されるようになる。そのBluetoothスピーカを、Google Homeと同期させた他の任意のスピーカとグループ化して、同時再生させることも可能だ。

 Googleは28日付けのブログ記事でこの変更を発表した。これまでも、Google Homeで他のスピーカを制御したり、他のスピーカをグループ化することはできたが、ストリーミングデバイスである「Chromecast Audio」を別に用意して、制御するすべてのスピーカに接続する必要があった。今回その制約を取り払うことで、同社ははるかに簡単に、Google Homeを家庭のオーディオ機器全体の中心として送り込むことができるようになる。

 ブログ記事には、「対応する」Bluetoothスピーカでなければならないと注記されているが、あるGoogle関係者によると、対応範囲は広く、Chromecast対応のスピーカに限定されないとのことだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]