logo

NVIDIA、自動運転車のVRシミュレーション技術で開発加速へ - (page 2)

Asha McLean (ZDNet.com.au) 翻訳校正: 川村インターナショナル2018年03月30日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NVIDIAの最高経営責任者(CEO)兼創業者のJensen Huang氏は27日の基調講演で同プラットフォームのデモを披露し、一部パートナー企業へのDRIVE Constellationの提供を2018年第3四半期までに開始することを発表した。

 Shapiro氏は、「当社のパートナーによってどんな進歩が実現するのか、その可能性は素晴らしいものだ。(パートナー企業は)開発を実際に加速させ、それを洗練していくことができるだろう」と付け加えた。

 「RAND Corporationが発表した研究結果によると、自動運転車が人間にとって安全かどうかをテストするためには、何十億マイルも走行させる必要があるという。しかし、現実にそれを行うには、一生をかけても時間が足りない」(Shapiro氏)

 「その代わりに、シミュレーションでテストを行い、GPUにセンサのデータを生成させてフィードバックさせ、それをテストすることで、当社のパートナーは各自のアルゴリズムを素早く洗練させて、開発を加速できるようになる」(同氏)

 この1年間、NVIDIAの自動車事業は成長を続けている。Shapiro氏は、同社のエコシステムが、自動車やトラック、配送車両に関連するものの開発を手がけている、ほぼあらゆる人々によって構成されていることを強調する。

 「エコシステムの規模としては、370社以上の企業が含まれる。そうした企業には、自動車メーカーや一次サプライヤーもいれば(中略)、当社のプラットフォーム上で開発を行う200社以上のスタートアップもいる。われわれはこのエコシステムで、素晴らしい成長を目の当たりにしてきた」(同氏)

 Volkswagenやトヨタ自動車、Volvoは、この1年間にNVIDIAのプラットフォームに移行した大手メーカーの数社にすぎない。

NVIDIAが公道での自動運転テストを一時的に停止

 先頃、自動運転車の安全の重要性が浮き彫りになった。自動運転モードで走行中のUberの自動車がアリゾナ州テンペで女性の歩行者をはねて死亡させたことを受けて、Uberはテンペ、ピッツバーグ、サンフランシスコ、トロントなどでの自動運転車テストを一時的に停止した。

 テンペ警察の報告によると、自転車を押しながら通りを渡っていた歩行者をはねたとき、Uberの自動車は自動運転モードで走行しており、安全のために人間のドライバーが運転席に座っていた。

 NVIDIAの広報担当者が27日、米ZDNetに述べたところによると、この悲劇的な事故を受けて、同社も公道でのテストを一時的に停止したという。

 「これは悲劇的な事故だった。自動運転車(SDC)技術がいかに難しいか、そして、細心の注意と最高の安全性技術をもってアプローチする必要があることを思い出させる出来事だった。われわれがこの命を救う技術を完全なものにすることに献身的に取り組んでいるのは、まさにこのような悲劇を防ぐためである」(同広報担当者)

 「最終的に、自動運転車は人間のドライバーよりはるかに安全になると考えられるため、この重要な取り組みは今後も続ける必要がある」(同広報担当者)

 「当社はUberの事故から学ぶため、自動運転車の公道試験を一時的に停止している。一方、世界各地で展開している、人間のドライバーが運転するデータ収集車については、今後も運行を続ける」(同広報担当者)

 Huang氏によると、NVIDIAは、将来自動運転車を最も安全な選択肢にするために、この問題に献身的に取り組んでいるという。

 (注:本記事は、Asha McLean記者が、NVIDIAが開催したGTC 2018に同社の招待を受けて出席し、執筆したもの。)

figure_1
提供:Supplied

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]