logo

NVIDIAも自動運転車の公道試験を休止--Uber車の死亡事故受け

Jon Wong (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 長谷睦 (ガリレオ)2018年03月28日 10時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Uberの自動運転車がアリゾナ州テンペで歩行者をはねて死亡させた事故を受けて、チップメーカーのNVIDIAは同社も自動運転車の試験を一時的に停止したことを明らかにした。

 NVIDIAの広報担当者は次のように述べている。「最終的に、自動運転車は人間のドライバーよりはるかに安全になると考えられるため、この重要な取り組みは続ける必要がある。当社はUberの事故から学ぶため、自動運転車の公道試験を一時的に停止している。一方、世界各地で展開している、人間のドライバーが運転するデータ収集車については、今後も運行を続ける」


提供:James Martin/CNET

 NVIDIAの発表の前には、自動運転車が歩行者を死亡させる初めてのケースとなった事故を受けて、Uberが自動運転車の走行試験を一時停止する措置を取っている。事故の被害者となったElaine Herzbergさんは米国時間3月18日の午後10時ごろ、自転車を押しながら街灯のない通りを渡ろうとしていた時に、UberのVolvo車にひかれて死亡した。

 Uberの事故を受けて、トヨタ自動車も自動運転車の米国での公道試験を休止している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]