logo

日本発の空飛ぶクルマを目指す「CARTIVATOR」にNECが技術協力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本電気(NEC)は3月27日、日本発の空飛ぶクルマの開発活動「CARTIVATOR(カーティベーター)」を運営するCARTIVATOR Resource Managementと、2020年の空飛ぶクルマの実現に向けたスポンサー契約を締結したと発表した。


 CARTIVATORでは、「モビリティを通じて次世代の人達に夢を提供する」というミッションを掲げており、陸空両用で長い滑走路や大型車庫などを必要としない、世界最小の空飛ぶクルマ「SkyDrive」の開発を進め、2014年に5分の1スケールの機体で飛行に成功している。現在では無人機1分の1スケールの試作機開発を進めており、2018年夏に一般公開を予定する。

 NECでは、CARTIVATORのミッションや取り組みに賛同し、スポンサー契約を締結。社会ソリューション事業で培ってきた無人航空機の制御技術を提供することで、空飛ぶクルマの実現に向けた取り組みを加速させるという。さらに、今後は無人航空機の管制技術、電波監視技術、サイバー攻撃対策技術についても技術協力を予定している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]